読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対シネマ感!

スーパー陰陽師・景清 KAGE-KIYO の 絶対音感的・映画レビュー

男女が出会って・つきあって・夫婦になるとはどういうことか

f:id:kiyofuji:20170213002828j:plain

マリオン・コティヤールという魅惑のフランス人女優と

ブラッド・ピットの主演映画「マリアンヌ」である。

監督は「フォレスト・ガンプ/一期一会」で

米・アカデミー賞ゴールデン・グローブ賞、全米監督協会監督賞の

ロバート・ゼメキス

 

ファースト・シークエンスは、スパイ映画のように幕開けする。

全編に渡ってメロウな恋愛映画なのではないかと身構えると、

スリリングなオープニングで、その世界に引き込まれる。

このファーストシーンの緊張感は、作品全体の良さをすぐに教えてくれるだろう。

だから絶対映画感覚で言えば、見ておいて間違いない。

 

とにかくこれは恋愛映画ではあるが、とてもハードだ。

映画の世界にいる間、「男女の出会い」とは、どういうことかを考えさせる。

主人公の二人は仕事で出会う。これは私たちの日常よく起こること。

最初から恋愛関係では始まらない。(ネタバレ無しに書くと・・・)

 

まず、仕事、任務で出会い、

仕事や役目の関係上、パートナー、タッグを組む。

f:id:kiyofuji:20170213004527j:plain

そのうち男女は何かしら心を惹かれ合う。

仕事や任務なので、それ以上は、止しておくか、踏みこえるか。

踏みこえると、恋愛関係で交際が始まり、やがて結婚・夫婦になり、

子供が誕生し、家族になる。

 

始まりは全くの他人同士。

男女が出会って、そのような特別な現象が起こる。

第二次大戦中のヨーロッパ、しかも英・仏・独という国をまたがって、

スパイ戦、駆け引き、騙し合いの中で展開する単なる恋愛感情を超えた

男と女の愛情をめぐるその真相は、凄まじく、

そんな相手を疑う心と、愛する感情の間で、

なぜか自分自身の身にもつまされるように感じることだろう。

 

生まれた場所や育った環境が違う、

そんな男と女が仕事の役目で出会って、

パートナーを組む・・・これは今、日本全国で起こっているが、

なかなか「つきあって・結婚して・家族になって」

そして、心からその家族を愛するという関係になるまでは

何かしら困難が立ちはだかる場合が多い。

 

こんな20世紀初頭の困難に比べれば、

いま我々の東京的・人間関係的な難しさなど

「大したことはない」と思うことだろう。

そして、関係を超えた男女の愛とは何かを深く思うことだろう。 

 

原題は「ALLIED」。意味は「同盟になる」。

その方が意味深いが、邦題「マリアンヌ」の方が雰囲気は合っている。

f:id:kiyofuji:20170213010234j:plain

2017年1月31日 東宝東和試写室 Preview

2月10日 全国ロードショー公開中(絶シネ度★★★★)