読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対シネマ感!

スーパー陰陽師・景清 KAGE-KIYO の 絶対音感的・映画レビュー

そう簡単に、歌って踊らない! 自然な流れとズラしが秀逸な「 LA LA LAND ラ・ラ・ランド」

f:id:kiyofuji:20170207002211j:plain

女は大作映画のオーディションを受けるが女優としては目が出ず、

撮影所の前にあるカフェで女給として働く。

男は自称ジャズ・ピアニストではあるが、

実際はレストランで客のリクエストでムード音楽を鳴らす名もないピアノ弾き。

男はそんな店もクビになる。

 

そんな売れない女優としがないミュージシャンは、

何度か顔をあわせるが、似たような境遇だからといって、

出会ってすぐ簡単に、恋に落ちることはない。

現実は映画のようにはいかないのだ。

この作品がいくら「映画」、しかも「ミュージカル映画」だといっても、

スクリーンの中で出会う男女が、そう簡単に恋に落ち、恋人同士になるわけはない。

そんなリアルが、この映画「 LA LA LANDラ・ラ・ランド」の良さの一つでもある。

 

しかしオープニングは、観客を作品世界にぐっと引き込む秀逸な幕開け。

1950年代、栄華を誇った時代のアメリカ西海岸。

流れるカメラワークで、カラフルな原色の車が渋滞するフリーウェイ。

突如、歌い出すアメリカの若者たち。なんだかこれが不自然ではない。

セリフのように様々な立場にあるアメリカ人を登場し、歌い・踊る。

まるで「当時のアメリカ人なら、こんな風に歌うように喋っていたんじゃないの?」

と感じさせられるくらい、なんだか流れるようなミュージカル映画の始まりである。

f:id:kiyofuji:20170207004236j:plain

それでも本編中は、そう簡単に「歌って踊らない」!

そんな、自然な流れとズラしが秀逸な「 LA LA LAND ラ・ラ・ランド」

監督は2014年、「セッション」でサンダンス映画祭グランプリ&観客賞、

米国アカデミー作品賞候補にもなった、デイミアン・チャゼル。その最新作。

 

主演は、ライアン・ゴズリング(「ドライブ」’11)と

    エマ・ストーン(「アメージング・スパイダーマン」、続編)。

「セッション」とはまったくテイストが違うが、そのチャゼルの新作とくれば、

僕のごとき「映画見」は是非とも見ておきたいところだ。

 

では、「絶対シネマ感覚」で言えばどうか?

絶対に映画館で見ておくべきか、そう慌てて見るほどではないか?

 

・・・といえば、とにかく映画館で見て、絶対に損はない。

「映画の演出・仕掛け・見せ方の現在」を押さえておく意味でも、

今、映画館で見ておくべき作品である。そして・・・

 

女優になりたい! ミュージシャンになりたかった!

映画を観に行く私たちの心の中に、少しはそんな夢想があるのだろうか。

おそらく誰もが、画面の中で「言い合い、歌って踊る」そんな男と女に、

少しだけ、あるいはそれ以上に、驚くほど感情移入することだろう。

 

行き着く先に何があるのか? 私たちが夢想する憧れの世界のゴールとは・・・

それは本編を見て、それぞれに感じていただきたい。

f:id:kiyofuji:20170207010057j:plain

(↑  サントラ盤のビジュアル)2017年1月19日  GAGA試写室 Preview

・・・ちなみに、私の現時点(2/6)での米アカデミー作品賞予想はこれではない。

 

2017年2月24日公開・全国ロードショー(絶シネ度★★★)